求職者が企業を選ぶ基準とは

Share on Facebook
Share on LinkedIn

求職者が

「企業を選ぶときの基準」
「聞きたい情報」は異なります。

 

 

説明会や面接等で
聞きたいけど聞けない
企業の情報のトップ5は

求職者が実際に
企業を選ぶときの基準

1位:給与
2位:休暇のとりやすさ
3位:残業時間
4位:福利厚生
5位:結婚・出社後の働きやすさ

 

 

仕事の内容や
将来的なキャリアより
自分のプライベートに
関わる内容
上位に上がっています。

 

 

しかし
求職者が実際に
企業を選ぶときの基準
以下のようになります。

求職者が実際に
企業を選ぶときの基準

求職者が
企業を選ぶ基準として

応募を決意する内容

 

 

1位:会社の雰囲気・社風
2位:自分のやりたい事ができるか
3位:現場社員の対応や様子
4位:成長できるか
5位:事業内容

という結果です。

 

 

つまり、

給与や福利厚生が
いくら整っていても

 

 

仕事や会社そのものに
魅力がなければ

 

 

採用まで至らないケースや
離職に繋がる
ケースもよくあります。

 

 

求職者が
企業を選ぶ基準を踏まえて

 

 

会社や仕事に対する魅力
将来性を訴求すると良いですね。