求人募集の給与表示は公式表明

Share on Facebook
Share on LinkedIn

・給与を正しく
 表記していますか?

 

求人広告の給与表示は

 

 

「当社は採用した
 人に
この給与を払う」
という

 

 

公式表明です。

 

 

 

もしも、実際に採用した人の
給与が表記と違っている場合は

「誇大広告」
「虚偽の広告」

思われてしまいます。

 

 

 

トラブルを防ぐには
採用者全員に

 

 

 

必ず支払う給与
表記する必要があります。

 

 

 

 

・給与はどんなしくみで
 支給されるか
 最下限固定額とともに
 併記していますか?

 

給与表示額はそのしくみ
(給与システムや給与形態)
と合わせて
わかりやすく表記します。

「給与のしくみ」の定義は
下のとおりです。

固定給制

完全歩合給

固定給+歩合給

保証給制

 

また注意したいのは、用語。

 

 

 

たとえば
「フルコミッション制
「マージン率」

「インセンティブ」など。

 

 

 

採用担当者にとっては
使い慣れたものでも
応募者にはわかりにくい用語

 

 

 

また多様な意味で使われる
あいまいな用語もあります。

 

 

 

なるべく
わかりやすい表現

正確に表記しましょう!

 

 

 

 

『法律マメ知識』
「最低賃金法」ってどんなもの?

賃金の最低基準
(時間額)を定めた法律です。

 

 

常時雇用・臨時雇用を問わず
使用者は原則として

 

 

地域別・産業別に定められた

 

 

「最低賃金額」以上を
労働者に支払う必要があります。

 

 

たとえ双方が合意のうえで
最低賃金より低い給与を決めても
無効とされます。

 

 

各都道府県の最低賃金は
毎年9~10月ごろ
改訂されていますので
チェックしましょう!