YouTubeで求人をするための3原則

Share on Facebook
Share on LinkedIn

売り手市場といわれる時代

 

 

求職者はたくさんの情報から
心に響くものを求めています。

 

 

ホームページや求人広告も
一つの情報ですが
さらにもっと深く知りたい情報として

 

 

 

動画を見る人が増えてきています。

 

 

 

そのような視聴者(求職者)に
給与や福利厚生などの
待遇面をいくらPRしても

 

 


行動を起こしてくれません

 

 

では
動画を使うにはどうしたらいいのか?

 

3つの基本

 

 

 

動画では求職者の持っている

問題点の解決策として
自社ならではの解説をしましょう。

 

この場合、求職者の悩みが
具体的であればあるほど

説得力と共感が生まれます。

 

 

 

動画では「本人」が出演しましょう

特に饒舌である必要はないです。

 

あなたらしさをそのまま見せましょう。
ただ、身なりとスマイルと熱意を忘れずに!

 

 

 

動画は求職者との関係性を創るもの

そのためにも動画は定期的に配信
短くわかりやすく
1動画1テーマでつくります。

 

お金をかけた渾身の1本の動画では
人の心は動きません。

 

定期的な配信で
関係性を創っていくのです。