学生を正社員で求人するには今のライフスタイルを知ること

Share on Facebook
Share on LinkedIn

コミュニケーションは
つながりひとり両立主義

 

 

 

ライフスタイルを
スマートフォンの
利用実態から見てみると

 

 


スマートフォンが中心
ライフスタイルが見えました。

 

 


 

利用頻度

 

【スマホ利用者の声】

・5分に1回はスマホを見てる。
 バイトの時以外は手放さない。(大学2年生・女子)

 

・朝起きたら一番最初にするのは
 たまっているLINEのグループの会話をチェック。

 天気予報もチェックしてから起きる。
 (大学3年生・男子)

 

 

スマホ・ガラケーの利用率

スマホのみ・・・80.2%

スマホ+ガラケー併用・・・4.2%

ガラケーのみ・・・9.1%

利用なし・・・6.6%

 

 

スマートフォンを
1日に見る回数は実に

平均64回も見ています。

 

 

 

これはガラケーの
2倍以上の回数になります。

 


スマホでよく使うアプリ

 

 

LINE・・・90.4%

 

YouTube・・・72.6%

 

Twitter・・・66.7%

 

Facebook・・・33.9%

 

ニコニコ動画・・・32.5%

 

Instagram・・・13.0%

 

 

【LINEの使い方】

  • ・LINEで連絡をとるのは常識。
     メールはほとんど使わなくなった。
     (大学2年生・女子)

 

  • ・ちょっと目を離すとLINEに
     100とかメッセージが溜まってる。
     内容は、ほとんどない。

     スタンプずっと送りあって遊んでたり。
     (大学2年生・女子)

 

  • ・バイトのシフトも、店長とバイトメンバーで
     LINEグループを作って、やりとりしている。

    大学1年生・男子)

 

 

 

 

【YouTubeの使い方】

  • ・TV放映の時間は家にいないので
     You tubeでTV番組を観ます。
     (大学1年生・男子)

 

  • ・カラオケで歌いたい曲をみつけた時は
     You tubeで探し出して
     それを見て練習してる。

     歌えるまでにその動画を10回は見る。
     (大学2年生・女子)

 

 

 

 

【Twitterの使い方】

  • ・Twitterは絶対だれかつぶやいている
     友達がいるから、ひまな時にチェックをする。
     (大学2年生・女子)

 

  • ・Twitterだと友達の友達くらいの
  •  関係の子とも気軽につながれたりする。
  •  (大学1年生・女子)

 

  • ・Twitterはフォロー数と
  •  フォロワー数の比率を気にする。
  •  フォローばかり多いと
  •  面白くないやつだと思われる気がする。
  •  (大学3年生・男子)

 

 

 

スマートフォン保有者の
90%がLINEを利用

 

 

 

スマートフォンで
利用率の高いアプリは
LINE・You tube・Twitter
半数を超えます。

 

 

 

特にLINEの利用率は90%

 

 

 

LINEで連絡をとるのは
常識になっており
今までより気軽に連絡を
とりやすい様子が見受けられます。

 

データ参照元

■調査概要
調査期間: 2014年8月11日~8月13日
調査方法: インターネットリサーチ
調査対象: 15歳から24歳の男女
サンプル数: 2,476名