HPは顧客目線が大前提

Share on Facebook
Share on LinkedIn

観光ホテル業のHPには

ほとんど働く人が載っていない

 

 

 

わたしは動画研究する傍ら

1000ページ以上の企業HPも研究しました。

 

 

 

 

その中で特に観光ホテルのHPを見ると

そのほとんどに

 

 

 

働いている人載っていませんでした。

 

 

 

 

実際に事情を聞いてみると大きく2点の課題がありました。

 

 

 

・社員を載せると辞めた時に製作会社にお願いして

   削除してもらうのに経費がかかる

 

 経費

 

辞めた社員がいつまでも

 

HPに掲載しているわけにもいきませんので

 

制作会社に削除依頼と再度掲載してもらう必要があります。

 

 

 

 

・そもそも社員がHPの写真掲載に賛同しない

 

出たがらない女性

 

 

一昔とは違い、今は「顔出し」することが

 

お客様への安心感の提供に繋がると会社側は思っています。

 

 

しかし働く人としては

身の安全や中傷を避けたい気持ちもあるので

出たくないという心理もあるかもしれません。

 

 

では、会社の事情はともあれ顧客目線で見た場合は

どうでしょう。

 

 

 

1.癒しの時間を過ごしたい

2.美味しい料理を食べたい

3.至高のおもてなしをしてもらいたい

 

 

 

上記3つの観点から泊まるところを判断します。

しかし

 

 

1と2はほとんどのHPで載っていますが

 

3はほぼ載って無いに等しいです。

 

 

 

人間の心理は、「人は人が好きです」

 

 

 

サービスも大事ですが

それも、人が行うことでしか成り立ちません。

 

 

 

顧客目線を重点においた

 

 

人がいるHPであれば

 

 

お客様も安心してやって来るでしょう。