中小企業が「人手不足倒産」にならないための秘策とは

Share on Facebook
Share on LinkedIn

アルバイト・パート領域では

市場の慢性的な人手不足を受けて

 

 

 

企業が業務の細分化を進めることで

シニアや主婦が時間の制約を受けずに

 

 

 

早朝お昼の時間帯に働くことができる

「プチ勤務」
(超短時間の勤務)

生み出すという兆しが出てきています。

 

 

 

これまでは時間の制約があり

働きたくても働くことができなかった

 

 

 

シニア主婦

活躍できるようになってきています。

 

 

 

実際に超短時間案件

増加しており

 

 

 

『タウンワーク』では

週の最低勤務日数

「1日、2日」

案件数が対前年で約5.8万件増加

 

 

 

1日の最低勤務時間

「1時間、2時間、3時間」の案件数が

対前年で

約2.2万件増加している。

 

 

 

シニアや主婦層は超短時間でも

「自分らしく働ける」

「ありがとうが励みになる」というように

 

 

 

「やりがい」「働く喜び」

感じる人が増えており

 

 

 

雇用する企業側も

シニアの「プチ勤務」により

自然と挨拶する文化ができ始め

若い世代にも良い影響が出ています。

 

 


介護業界では

「利用者が高齢者のため

 相手の立場に立ったコミュニケーションが

 取れるという点で

 多くの主婦の方が活躍されている」と

両者のニーズが合致しています。

 

 

 

企業の活性化につながるケースも多く

業務の細分化

 

 

慢性的な人手不足を解消する

一つのカギになるかもしれません。