採用がうまくいかないのはセールスがうまくいかないのと同じ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

欲しい人材を採用するためには

 

 

ある程度の

 

 

応募者
集める必要があります。

 

 

履歴書

 

 


最初から欲しい人材に

 

 

巡り会うことは
まれかもしれませんので

 

 

通常は一定数の応募者の中から

 

 

書類審査などでふるいにかけ、

 

 

最終的に面接した上で
「この人」という方を採用します。

 

 

そのためにも、

 

 

選考対象となる
一定数の応募者が必要です。

 

 

採用者1人に対して
何人
応募者が必要か

 

 

セールスもそうですが

 

 

1件訪問したからといって
1件契約できる

 

 

とは必ずしも限りません。

 

 

人材採用も同じで

 

 

何人の応募者数

 

 

必要であるかを
理解しておきましょう。