求人応募者を増やすには。キーワードは「発想の転換」

Share on Facebook
Share on LinkedIn

①人が集まる場にはとにかく参加する

 

異業種交流会や同窓会
仲間内で開かれるパーティー

 

 

外部のセミナー、勉強会やイベントなど

 

 

人が集まる場に積極的に顔を出し、
とにかく新しい人脈をつくります。

 

 

出会った人には
事業の構想等を話して

 

 

周りに優秀な人材がいないかを
尋ねて回ったり

 

 

 

SNS等つながっておきましょう。

 

 

 

②スキルの高い社員による勉強会や
イベントを
開催する

 

エンジニアによる勉強会や
マーケターによるセミナー

 

 

社長が語る創業秘話
敏腕広報による広報術など

 

 

社内でスキルの高い社員を
講師としたセミナーや勉強会

 

 

またはイベントを開催します。

 

 

開催するイベントによって
出会える人のタイプも変わりますが

 

 

いずれにしても
スキルを磨きたい人

 

 

ビジネスパーソンとして
成長したい人など

 

 

働くことに対する意識の高い人
出会えるでしょう。

 

 

 

 

③社内の取り組みは
 外の世界に拡散する

 

イベントや勉強会や部活動
プレスリリースなどは

 

 

積極的にFacebookなどの
SNSを活用して拡散します。

 

 

その際
企業アカウントからではなく

 

 

社員それぞれの
個人アカウントから情報を発信
することが
ポイントです。

 

 

“企業広告”だと認識されにくいので

 

 

多くの人が純粋に
「面白そうな会社」だと認知してくれるでしょう。

 

 

母集団を増やす方法を
難しく考える必要はありません。

 

 

少しの手間と発想の転換があれば

 

 

一度接点をもった人を

 

「将来仲間になるかもしれない候補者」

 

として捉えられます。

 

 

たとえその人自身が
仲間にならなかったとしても

 

 

仲間になる人を
連れてきてくれる可能性があります。

 

 

また、出会った人の心をつかみ続けられるよう

 

 

タイミングよく連絡したり

 

 

SNS等で自社の情報に触れられる状況
つくりましょう。

 

 

そして、
しかるべきタイミングで口説くのです。