資格があっても働かないのはなぜ?〜理美容編〜

Share on Facebook
Share on LinkedIn

近年、人材不足が
課題となっている理美容業界

 

 

 

原因の一つは、免許取得者の減少です。

 

 

 

また
「雇っても長続きしない」

 

 

 

という声も多い理美容業界では
人材不足が慢性化しています。

 

 

 

そこで今回は
理容師・美容師の有資格者を
対象に実施した調査結果から

 

 

 

有資格者をいかに確保するか
そのヒントを探ります。

 

 

 

4つのポイント

①元理容師・元美容師のうち
 約半数以上が30代女性

 

②1~3年未満で辞めた人が3割
 退職理由は労働時間の長さと
 給与への不満

 

③元理容師・元美容師の3割が
 「再就職したい」願望あり

 

④理容師・美容師が
 勤続するカギは「やりがい」

 

 

 

潜在的有資格者の
採用時の留意点と定着のポイント

3割は復帰を望む

潜在的有資格者のうち31.7%の人が

 

 

「条件が合えば、
 すぐにでも持っている資格に
 関係する仕事に就きたい」

 

 

 

「時機を見て、
 そのうち持っている資格に
 関係する仕事に就きたい」

 

回答しています。

 

 

 

勤続してもらうには
「やりがい」の持てる職場環境の創出を

 

現職の理容師・美容師が
仕事を続けている理由は何か。

 

 

 

最も多かった理由は
「やりがいのある仕事だから」

 

 

次に
「自分には向いている
 仕事だと感じているから」

 

 

 

「現在持っている資格を
 生かしたいから」と続いた。

 

 

 

さらに
「仕事内容に興味が持てるから」
上位にランクインしています。

 

 

 

この結果から、
理容師・美容師が継続して働くうえで

 

 

 

業務内容へのモチベーションは
かなり重要な
ポイントであるといえます。

 

 

 

「潜在的有資格者の採用」

「既存スタッフの定着」の観点から

 

 

 

それぞれ対策のヒントを見てきました。

 

 

 

こうした地道な取り組みによって
理容師・美容師の
働く条件や環境を変えていくことは

 

 

 

今現在の人手不足を
解消する一策となるだけでなく

 

 

 

今後、新たに理容師・美容師免許を
取得する若者の増加促進するかもしれません。