うまくやる会社の人間関係4つのポイント

Share on Facebook
Share on LinkedIn

会社の人間関係が難しいと思う方は多いのではないでしょうか?

 

 

非常に幅広い年齢層が一つのフロアに集まり、

様々なスタンスで仕事を進めていきます。

 

 

このような環境にストレスがないはずがなく、

イライラする気持ちを抑えて働いている方は多いはずです。

 

 

 

これからご紹介する4つのポイント

 

 

とても基本的な方法ですが、

意外に気持ちは楽になりますので是非実践してみてください。

 

 

 

【ポイント1:自分を良くみせようとしない】

 

人はつい自分を良く見せたいと思い、

 

人の言動を非難してしまったり、

 

人と比べて自分が如何に優れているか表現しようとします。

 

それは、職場でも同じです。

 

しかし、職場で人の言動を非難したり、

 

自分を良く見せようとしたら、

 

職場の雰囲気はどうなってしまうでしょうか?

 

 

 

当然のことながら、

 

 

あなたの周りの人たちは決して

あなたに対していい感情を持ちません。

 

 

 

こうならないために、

自分を良く見せるなどの行動はとらないように心がけましょう。

 

※言い訳をしない、できる人を演じないことが大切です。

 

 

 

 

【ポイント2:自分の力量を自覚する】

 

仕事をする上で一番大切なのは、

自分の力量を自覚することです。

 

 

目の前にある仕事は自分にとって簡単か、難しいか、

一人でできるのか、人に手伝ってもらう必要があるかなど、

認識することが大切です

 

 

その力量が判断できない時、職場の雰囲気は非常に悪くなります。

 

 

自分を良く見せようとして何でも手を出してしまうと、

 

 

逆に周りの人たちに迷惑をかけることになり、

 

 

職場の雰囲気を悪くしてしまうのです。

 

 

ですから、自分をよく見せる前に自分の力量を理解して、

 

 

力量に合った仕事をしたり、力量を伸ばす努力をしましょう。

 

 

※もし、他の人が自分の力量を判断できずに

周りに迷惑をかけることがあったとしましょう。

 

 

でも、それを注意するのはあなたではなく上司です。

他の人たちとその点について悪く言うのもNGです。

 

 

 

 

【ポイント3:闘争心を捨てる】

 

「こんなに頑張ってるのに

 なかなか評価がしてもらえない。もっと頑張らないと・・・」

 

 

このようなことを思ったことはありませんか?

 

 

もっと良く見られて評価されたいという想いは、

あなたのストレスの元になり、

 

 

それが原因で職場の人を悪く言ってしまい、

人間関係を悪くすることも・・・

 

 

また、あなたがストレスを溜めていると

自然と周りの雰囲気も悪くなってしまいがちです。

 

 

あなたがストレスを溜めないように、

無駄な闘争心は捨てましょう。

 

 

もちろん、自分自身の成長のために、

他者比較しない闘争心を持つことは大切です。

 

 

 

 

【最後に】

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

 

 

今回お伝えしたポイントはすべて

 

 

職場環境は自分次第で変わるということです。

 

 

ついつい他責にしがちですが、

 

 

実は自分の心持ち次第

 

 

環境の善し悪しは決まることが多いものです。

 

 

自分一人で解決できない場合は、上司に相談してみましょう。

 

 

頼りない上司、苦手な上司でも思い切って話してみましょう。

 

 

会社の中では自分より権力のある人です。

 

 

頼って損することはないのです。