職場を活性化するためのプロフィール帳を作ろう。

Share on Facebook
Share on LinkedIn

職場の人間関係がギスギスしている。

 

 

新しく職場に入ってきた人が

なかなか職場になじめず、結局、辞めてしまう。

 

 

こういった問題が多くの職場で発生しています。

 

 
そこでこういった問題を

解決していくための第1段として

 

 

まずは

「職場で働く人たちの

 プロフィール帳」

というものを作ってみましょう。

 

 

思っている以上に

問題の解決に効果があります。

 

 

プロフィール帳とは

社員名簿が名前や住所

生年月日、入社年月日などのデータ中心

 

 

履歴書が学歴や職歴を中心にした

ものであるのに対して

 

 

より個人的な

情報・パーソナルな情報を書いたもののことです。

 

 

つまり

 

家族構成は?

 

血液型は?

 

休日は何をしているのか?

 

趣味は何なのか?

 

今、何にハマっているのか?

 

あまり職場の人には

知られていないけれど

密かに自慢できる特技や資格は?

 

 

などといった

個人的な情報を書いたもののことです。

 

 

こういったものを

職場の人たち全員に書いてもらって

お互いがいつでも閲覧できるようにしましょう。

 

 

すると

このプロフィール帳がない場合に比べて

遥かに職場のチーム力や結びつきが高まります。

 

 

私の場合もそうですが

意外と同じ職場で働いている人が

 

 

職場を離れるとどういう人なのか

何をやっているのかを

知らないことは少なくないと思います。

 

 

そんなの知らなくたって

別に仕事には関係ないじゃないか

と思う人もいるでしょうが

 

 

実はそういった情報を知っていた方が

断然、職場の団結力であったり

風通しが良くなります。

 

 

・・・というのも

 

 

人は、相手がどんな人で

何に興味を持っている人なのかを

知らない場合よりも

 

 

知っている場合の方

やはりコミュニケーションもとりやすくなるし

親近感もわきやすくなるからです。

 

 

相手が何に興味を持っているのか

どういうものが好きなのか

ということを知っていれば

 

 

会話もしやすくなるので

コミュニケーションの量が

自然に増えます。

 

 

すると、いざ仕事をする上でも

意思疎通がスムーズに行われるようになり

問題が発生しにくくなります。

 

 

また、人間は、相手がどういう人なのか

ということを知っているときの方が

全く知らない人よりも親近感を感じやすいものです。

 

 

普段ほとんど口を聞かない人

どういう人なのかよくわからない人に

いきなり物事を頼まれても

 

 

すすんで引き受けようという気には

なりにくいですが

 

 

相手のことがよくわかっている人

普段から仲良くしている人から物事を頼まれると

 

 

「仕方がないなあ」

 

 

なんてことを言いながら

それを引き受けることは

よくあるのではないでしょうか?

 

 

つまり

お互いのことをよく知っている時の方がやはり

 

 

何か問題が起こったときも

助けようという気もおこりやすくなりますし

普段からコミュニケーションが多いと

 

 

仕事上でも意思疎通

スムーズに行えるようになるということなのです。

 

 

こういった効果もあるので

プロフィール帳を作成して

みんながいつでも閲覧できるようにして

 

 

お互いが良く知り合える状態に

しておいたほうが良いというわけです。

 

 

また、このプロフィール帳が作ってあると

新たに職場にやってきた人

(新入社員や中途社員など)が

 

 

職場になじむスピードが早まる

という効果もあります。

 

 

通常、新しい職場にやってくる人は

 

 

「上手く仕事が出来るだろうか」

「職場の人とうまくやっていけるのだろうか?」

 

 

と強い不安を感じていることが多いものです。

 

 

そんなときに

このプロフィール帳があると

 

 

新しくやってきた人は

最初からその職場に

どんな人がいるのかを知ることが出来ますし

コミュニケーションもとりやすくなるので

 

 

その分だけ、不安が解消され

より職場になじみやすくなります。

 

 

すると、職場になじめず、短い期間で退社する・・・・

ということを防ぐことができます。

 

 

今の時代

「徐々に職場に馴染んでくれればいい」

 

 

などと悠長なことをやっていると

その人があっさりと辞めてしまう

 

 

なんてことは珍しくないだけに

 

 

すぐに職場に溶け込めるように

こういったプロフィール帳を作っておくことは

かなり重要なことだと言えるでしょう。

 

 

職場のコミュニケーションを増やしたり

お互いの親近感を高めるための第一歩として

 

 

まずはこのプロフィール帳作りから始めてみる・・

というのは効果的なのではないかと思います。

(もちろん、個人情報なので

 情報の管理はしっかりする必要があります。)

 

 

この職場のプロフィール帳を作ると

コミュニケーションが増えるとか

お互いが親近感を感じやすくなる

とかいったこととは別の点でも

 

 

社員と職場の心理的距離を近くする

ことができるといわれています。

 

 

実は、会社を辞めやすい人

職場に上手く馴染んでいない人というのは

 

 

プライベートな情報を

職場の人なんかに知られたくないと思っていることが

多いといわれています。

 

 

つまり、職場(会社)との間に

心理的な距離を置いている人がかなりいるということです。

 

 

ところが、そういう人も

このプロフィール帳を作るために

 

 

自分のプライベートな情報を

出さなくてはならなくなると・・・・

まあ、早い話開き直ります。

 

 

つまり、隠しておきたかった

(あまり知られたくなかった)プライベートな情報が

 

 

みんなに知られてしまうと

人は「もう、どうでもいいや」と開き直り

 

 

結果、心をオープンしてしまう

傾向があるというのです。

 

 

すると、結果的に職場(会社)の人たちとの

心理的な距離を知らず知らずのうちに

縮めてしまうことが少なくないのだということです。

 

 

心理的な距離が縮まると

辞めたいという気持ちが減ったり

職場で働く人たちとの関係が上手くいくようになったり

 

 

という感じで

より人間関係が良くなったりするといわれています。

 

 

こういう点からも

職場のプロフィール帳を作るメリットはあると思います。