職場活性化の秘訣「職場の人たちと写真をとって飾る」

Share on Facebook
Share on LinkedIn

職場の人たちとのコミュニケーションを増やしたり

親近感を高めるためには

 

 

写真を一緒に撮ってあちこちに飾る

という方法も使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

これも非常にシンプルな方法ですが

意外と有効です。

 

 

写真を撮る、という行為は

思い出を残すという効果だけではなく

 

 

一緒の時間を共有していると感じさせ

お互いの結びつきを強める効果があります。

 

 

結びつきが強くなれば

お互いを助け合ったりすることも行われやすくなります。

 

 

女子高生がプリクラなどを

盛んに友達と撮っては交換し合ったりしていますが

これもお互いの親近感を高めるために

行っている行為だといえるでしょう。

 

 

修学旅行や社員旅行に行ったときに

集合写真をとったりしますが

 

 

これも同じ時間を共有したことを

記念として残すため・思い出を残すために

行っている行為であり

 

 

全く一緒に写真を撮らなかった場合よりも

撮ったときの方

 

 

やはり、お互いの親近感が生まれやすくなるでしょう。

 

 

また、その撮った写真を見ながら会話することで

コミュニケーションをとるきっかけにもなると思います。

 

 

一緒に写真を撮るという行為は

別に旅行に行ったりしなくても、普段の生活時でも

 

 

意外とバラバラだった職場がひとつにまとまったり

お互いに親近感を高めたりする効果があります。

 

 

職場の人たちがひとつにまとまっていない

お互いによそよそしい状況になっているという場合は

 

 

意外と一緒にみんなで写真を取り合い

時にはそれに何かコメントを書き込んで

壁などに貼るようにするだけでも

意外とお互いの親近感を高めたりすることが出来ます。

 

 

一見すると

非常に単純なことも、実は思っている以上に

 

 

意外とお互いの結びつきを高める効果があります。

 

 

早速、職場の人たちと一緒に写真を撮って

職場のあちことに貼りだしてみる・・・

というのを試してみてはいかがでしょうか。