効果的な部下に仕事を指示するときの5つの方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

上司にとって

部下への適切な仕事の指示は重要な任務のひとつ。

 

 

指示の良し悪しは、部下の仕事ぶりのみならず、

組織やプロジェクト全体の成果にも影響するものです。

 

 

そこで、上司の立場から

効果的な部下に仕事を指示する方法をご紹介します。

 

 

 

1.タスクを定義し、期待成果を明らかにする

 

つい「どうやってやるか?」といった

プロセスの説明に終始しがちですが

 

 

上司が部下に伝えるべきこと

プロセスではなくタスクとその成果

 

 

どういう結果・アウトプットを出して欲しいのか?を

明確にしましょう。

 

 

 

 

2.タスク遂行のために十分な権限を与える

 

期待されている成果を部下が達成できるよう、

 

何が必要でどこまで行っていいのかなどの

権限や裁量を与えましょう。

 

 

 

 

3.仕事のプロセスをきちんと見ておく

 

成果に向けて仕事が順調に進行しているか、

そのプロセスはきちんと見ておくようにしましょう。

 

ただし、過度に細かな点まで口出ししないことです。

 

 

 

 

4.必要に応じてサポート・フィードバックできる状態にしておく

 

タスク遂行において部下に裁量を与えることは

「放任」することではありません。

 

必要に応じて相談に乗ったり、フィードバックするなど、

部下へのサポートを行う必要があります。

 

 

 

 

5.結果だけでなく努力も認める

 

慣れない仕事は最初からなかなかうまくいかないもの。

 

 

成果のみで優劣を判断するのではなく、

新しいことに取り組んだ姿勢と

 

 

この過程で認められた成長をきちんと評価しましょう。

 

 

 

<最後に>

上司から仕事を依頼されるとつい「どうやってやるんですか?」と

プロセスを過度に意識しがちですが、

 

 

 

「それは何のためにやるのか?」

「どういう結果、成果を求められているのか?」

 

 

 

について、

上司と部下との間で互いに認識をあわせることこそ、

仕事のスタートとも考えられます。