面接官の心構え【採用マニュアルVol.2】

Share on Facebook
Share on LinkedIn

おもてなしのココロを忘れない

 

 

 

【採用マニュアルVol.1】では 

 

 

 

会社の顔であることを肝に命じる

 

 

 

をお伝えしました。

 

 

 

今回は

 

 

 

採用マニュアルVol.2

 

 

 

おもてなしのココロを忘れない

 

 

 

についてご紹介します。

 

 

 

例えば、貴方が面接の場で、

 

 

 

「この応募者は当社で活躍出来そうか」

 

 

「会社になじめそうか」

 

 

 

応募者を見極めるているように

 

 

 

応募者のほうも

 

 

 

「この会社で活躍できるのか」

 

 

 

「自分の経験が活かせるか」

 

 

 

「自分のキャリアプランや希望に合うか」

 

 

 

「会社に馴染めそうか」

 

 

 

見極めています。

 

 

 

貴社が欲しいと思う人

 

 

 

他社も欲しい人であり

 

 

 

採用したい人材を逃さないためには

 

 

 

求職者とは

 

 

 

あくまで対等の立場で面接に臨み

 

 

 

求職者が求めている情報を

 

 

 

丁寧に・明確に伝えることが重要です。

 

 

 

応募者が何よりも不安なのは

 

 

 

「不透明さ」です。

 

 

 

処遇・待遇条件をきっちり明示する

 

 

 

応募者からは話しづらいものは

 

 

 

コチラ側から伝える。

 

 

 

また、会社に対する懸念点(迷っているポイント)

 

 

 

を面接時に確認し

 

 

 

不安は出来る限り

 

 

 

その場で解消することです。