求人誌などで募集する際の労働条件明示のテクニック

Share on Facebook
Share on LinkedIn

求人誌募集には落とし穴がある

 

 

 

求人誌などで募集する際に

 

 

 

下記の労働条件は記載しているでしょうか?

 

 

 

【明示すべき6つの労働条件】

 

 

・労働者が従事する業務内容

 

・労働契約機関

 

・就業場所

 

・始業・終業時間、時間外労働の有無

 

・休憩時間及び休日

 

・賃金額

 

・健康保険、厚生年金、労災保険及び雇用保険適用の有無

 

 

 

求人誌など、ここまできちんと掲載しているケースは

 

 

 

 

非常に少ないのです。

 

 

 

 

というのも

 

 

 

 

募集を行う際に上記6項目の明示が必要なのは

 

 

 

 

ハローワークまたは

 

 

 

 

民間の人材紹介会社などの場合だけです。

 

 

 

 

一般の求人誌や新聞またはフリーペーパーで

 

 

 

 

募集する場合は不要です。

 

 

 

 

求人広告を掲載するスペースが限られる

 

 

 

 

または

 

 

 

 

そこまで法律で強制できないからです。

 

 

 

 

最低限の事だけを掲載し

 

 

 

 

「あとは面接時に説明しよう」

 

 

 

 

と考えてしまうのは

 

 

 

 

人が集まらない原因の一つです。

 

 

 

 

なぜなら求職者にとっては

 

 

 

 

まだ行ってもいない会社を

 

 

 

 

信用してないからです。

 

 

 

 

ですので

 

 

 

 

求人誌などで募集を行う場合でも

 

 

 

 

上記の6項目を明確に掲載することが

 

 

 

 

会社の雇用姿勢の表れにもなるのです。