参考にしたい「最初の5秒」が卓越な動画広告事例集!

Share on Facebook
Share on LinkedIn

【アシックス】

 

  5秒以内に違和感を生み出し見続けさせる

 

 

動画広告が始まるとすぐに、「パスタテスト」と

 

文字が表示され鍋を持った男性が登場。

 

しかし、ぶら下がっているのはスニーカー。

 

初めの5秒間で文字と画のズレで視聴者の興味を

 

惹きつけてまいす。

 

 

 

 

男性が茹でたパスタをスニーカーの中に入れると

 

ドライメッシュ素材からお湯だけが流れ出ます。

 

短時間で「スニーカーの通気性の良さ」

 

アピールしている動画広告です。

 

 

 

 

 

【スーパードラッグ】

 

  5秒ごとのセール情報で注意を惹きつけ続ける

 

 

ドラッグストア「スーパードラッグ」の動画広告では、

 

女性が5秒ごとに「セール情報」を読み上げます。

 

「スキップしてもいいけど

  5秒経ったら次のお得な情報があるわよ」と

 

視聴者に話しかけることで興味喚起

 

自発的な視聴を促しています。

 

 

 

視聴者に「広告」と分かるような表現にも関わらず

 

「Smart way to get the consumer’s attention!

(消費者の注意を引くための賢い方法だ!)」

 

というコメントも寄せられています。

 

 

 

このように

 

 

効果的な動画広告を制作するためには

 

 

最初の5秒間をはじめ

 

 

時間ごとに区切り

 

 

ターゲットに見合ったコンテンツを

 

 

制作するよう心がけましょう。